水野産業 企業沿革

企業沿革|水野産業株式会社

水野産業 MENU 水野産業 CLOSE
デジタルカタログ

企業沿革

1948年。水野産業の歴史は、紙・印刷物を取り扱う会社としてスタートしました。顧客とともに歩み、様々なニーズに応えるうちに、商品のラインナップも増え、今では商社として日本各地に支店を持つまでになりました。

1948年故・水野幸男により、水野商店を創業
1949年千代田区外神田に於いて和・洋紙の販売を主とした営業を開始
1951年資本金30万円に増資
水野紙業株式会社設立
1953年従来の和・洋紙の他、板紙、封筒、印刷物を取り扱う
1955年資本金80万円に増資
食品会社向け包材、紙器を取り扱う
1958年資本金160万円に増資
1963年資本金320万円に増資
1965年資本金640万円に増資
1968年資本金1,000万円に増資
外食産業向包材容器全般を取り扱う
1971年クリーンキャップの製造全国販売
1974年資本金3,000万円に増資
ファーストフードが活発になり得意先の増加
1976年資本金8,000万円に増資
旧本社社屋の用地取得
1981年大阪営業所 配送センター開設
1982年水野紙業株式会社を水野産業株式会社に改称
1987年新本社ビル完成 地上9階延べ面積5,013㎡
1988年資本金8,450万円に増資
1989年福岡営業所開設
1990年大阪営業所を江坂町に移転
1992年創業45周年
代表取締役社長 水野啓次郎 就任
1993年名古屋営業所開設 物流機能併設
1994年仙台営業所及び新潟営業所開設 物流機能併設
1995年札幌営業所開設 物流機能併設
1997年創業50周年
大阪営業所拡大に伴い大阪支店に昇格
吹田市津雲台に移転
1999年埼玉県加須市に関東物流センター竣工
敷地面積17,433.49㎡
2000年関東物流センターに於てISO14001審査登録
2001年千葉県市川市に千葉物流センター開設
東京本社、大阪支店に於てISO14001審査登録
2002年名古屋営業所配送部門名古屋市守山区に移転
2004年東京本社共同ビル、水野産業株式会社単独所有となる
MHビルよりMSビルに名称変更
2005年業務効率化の為、クライアント・サーバー型基幹システムを構築
岡山営業所開設
2006年業務拡張の為、大阪支店を東淀川区へ移転
2007年北関東営業所開設
食品事業課新設
倉庫業・配送業登録
中国上海事務所開設
2008年eコマース課新設
医薬品販売開始
2009年高度管理医療機器等販売開始
2010年関東物流センターに於いてデジタルピッキング開始
2011年中国上海事務所から水野商貿(上海)有限公司に変更
2012年関東物流センターの敷地内に危険物倉庫の設置
2013年札幌営業所を札幌市厚別区に移転
岡山営業所を岡山市北区に移転
神奈川物流センターを横浜市に開設
2014年関東物流センターの増設
2015年新潟営業所を新潟市東区に移転
沖縄営業所開設
2016年代表取締役会長 水野啓次郎 就任
代表取締役社長 水野潤 就任
福岡営業所を糟屋郡久山町大字久原に移転
千葉物流センターを船橋市に移転
2017年名古屋営業所を名古屋市南区に移転
食に関するみずのe-ショップ カイコム 環境における取組 特定非営利活動法人 日中環境保全友好植林実践会
▲ 企業沿革 ページトップへ