水野産業 社員の声

社員の声|水野産業株式会社

デジタルカタログ

自分で考えたことをきちんと尊重してもらえる
社風と環境が水野産業にはあると思います。

営業部所属の金古は、新卒で水野産業に入って3年目。社会人になって3年目という節目に何を考えているのかを聞いてみました。新卒で苦労したことや、これからの目標についても語ってくれました。新卒採用で、どのように水野産業で成長できているのか、きっと参考になるはずです。

自分で考えたことをきちんと尊重してもらえる社風と環境が水野産業にはあると思います。

— 新卒で水野産業に入ってみてどうですか?

最初は覚えることがめちゃくちゃ多かったですね。
社会人1年目は、挨拶やメールなどのビジネスマナーも含めて正直、苦労はしました(笑)でも、何しろ社内が明るいムードなのと、仲間たちに恵まれたと思います。分からないことはなんでも聞ける環境ですし、先輩たちも食事に連れてってくれたりしますし。なんでも受け入れてもらえる社風・環境だと思います。だからこそ、3年続いたと思います。


— 今年で3年目とのことですが、改めて水野産業の環境や文化はいかがでしょうか?活躍しやすいのですか?


新卒で入って、今年で3年目になります。少しずつですが、仕事も変わってきます。お客さまも増えてきますし、要求される仕事のレベルも高くなってきています。自分の考えをすごく尊重してもらえる文化があるんですね。なので、自分で考えて提案できれば、自由度高く動ける素晴らしい環境だと思いますよ。1年弱くらいで、色々と考えて動けるようになった気がします。はじめはきちんと上司と一緒に同行して仕事を学んでいくうちに、自然と徐々に仕事の仕方がわかっていきました。

— 未来に向けた目標を教えてください。また、これから会社に入ってくる皆さんにひとこと!

社内は表彰制度があるんですね。単純に数字で評価されるだけでなく、様々な角度から一年に一度、表彰されるんです。それが、分かりやすくモチベーションに繋がりますよね。一年に一度。実は今年も表彰されたのですが、来年もまた表彰されるように頑張っていければと思っています。今、若い社員も多いので、若い方も働きやすいと思いますよ。20代でも活躍しやすい。本当に色々なタイプの人材が揃っていると思うので、きっと自分に合った働き方ができると思います。もちろん、仕事以外でも相談に乗りますし、ぜひ食事なども一緒にできるといいですね。

食に関するみずのe-ショップ カイコム 環境における取組 特定非営利活動法人 日中環境保全友好植林実践会 WEB発注ログイン
(ID発行済のお客様)
▲ 社員の声 ページトップへ