水野産業 社員の声

社員の声|水野産業株式会社

デジタルカタログ

安心して長く働ける職場であることを
第一希望に転職しました。

営業事務溝上の前職は「受付」。営業事務という、全く異なる業務と職場環境の違いから生まれる戸惑い。先輩たちのフォローと、会社への信頼と安心感が、転職を成功させる鍵だったのかもしれません。それは、溝上さんが希望していた「長く働ける職場」であることとイコールなのかもしれません。

安心して長く働ける職場であることを第一希望に転職しました。

— 前職は何をされていたんですか?
そしてなぜ水野産業を希望したのか教えてください。

前職は、企業の受付をしていました。ただ、未来を考えたときに「長く働ける職場ではないな」と思ったんです。上の世代の方もいなくなっていましたし。そこで、元々学生時代に志していた「事務職」をもう一度目指してみようと思って、水野産業を希望しました。

— 水野産業に入社する決め手はどこだったんでしょうか?

前の職場での経験から、ある程度の社員数で、設立してからの歴史が長い企業というのを基準にしていました。長く勤めるには、そういう企業がいいんじゃないかなって。最終的な決め手は、面接時に商談ルームを見せていただいこと。クリーンで、どこか明るい雰囲気だなと思って、この会社に入りたいって思いました。

— 業務内容が変わったと思いますが、「営業事務」ってどんな仕事なのでしょうか?

営業事務と一口に言っても、色々な作業があるんですね。発注書の処理と出荷作業依頼、クライアントさんの在庫管理がメインですが、それに付随して営業さんのフォローからクライアントとのやりとりまで多岐に渡ります。私たちの立ち位置だと、クライアントとも、営業ともコミュニケーションできるので、チームの一員として、「こうしたらもっといいのにな」という提案がしやすいんですね。それが、水野産業の強みにも繋がっていると思います。

— 前の職場と比べて、社内の雰囲気はいかがですか?

社内の雰囲気は、本当にいいと思います。水野産業は、色々な世代の人たちがそれぞれに活躍している。前の会社では、同世代ばかりで、友達みたいだったので、最初は環境への戸惑いも多かったんです。業務内容も全然違いましたし。でも、先輩の皆様が本当に丁寧に教えてくれたので、すぐに馴染めました。入ってまだ1年目なので、わからないこともまだまだ多いですが、早く仕事を覚えて、頼られる存在になりたいなって思っています。

食に関するみずのe-ショップ カイコム 環境における取組 特定非営利活動法人 日中環境保全友好植林実践会 WEB発注ログイン
(ID発行済のお客様)
▲ 社員の声 ページトップへ